ふんわりラフ!ちょっとの工夫で整形級?小顔に見せるヘアースタイル

ヘアースタイルだけで小顔にみせられます!髪で隠さなくても、顔が小さく見えるヘアースタイルとふんわりラフなアレンジで小顔にみせましょう。かわいく「小顔に魅せる」ためのバランスやポイントと、顔型別の小顔テクニックをご紹介します。

ヘアースタイルだけで、小顔に見せられます!

小顔に見せてくれる髪型って知ってますか?
「小顔に見られたい」「顔型の悩みを解消したい」「自分に合う髪型が分からない」など悩んでいる方必見!

ただ顔を隠すだけじゃない!

それぞれ顔型の特徴と解消法、また、ヘアースタイルを変えるだけで小顔になれる黄金バランスとアレンジテクニックをご紹介します。

少しでも顔を小さくみられたいと言うのは女性の永遠のお悩み

女性であれば、やはり小顔には憧れますよね。
顔を小さく見せるようなメイクをしたり、マッサージをしたりと、小顔に効果がありそうなことを生活に取り入れていると言う人は多いと思います。
実は、お金や時間をかけるより、ヘアースタイルに気を付けるだけで簡単に小顔は手にはいります。

その小顔ヘアー、間違えていませんか?

小顔に見せるには、まず顔の露出部分を少なくしようと思いますよね。
では、顔が隠れるように、髪で輪郭を覆えばそれだけで小顔効果はあるのでしょうか?

でも、自分の顔型に合わない前髪、髪型にすると逆に大きく見えたり、似合わなかったりすることがあります。小顔を目指したつもりが逆効果となります。

たとえば、輪郭を強調するような髪のボリュームが少ないショートカットやパッツン前髪は顔を大きく見せてしまいます。前髪の幅が広すぎると、顔が大きく広がって見えてしまいます。
顔型にあわせて、前髪を作ったり、サイドにボリュームを出したり、トップにボリュームを出したり、とポイントを押さえるだけで小顔に見えます。

小顔の決め手は「ひし形シルエット」

小顔の黄金バランスと言われる「ひし形シルエット」とは、正面から見たときのヘアスタイルのシルエットが「縦横の比率が3:2」のひし形に見えることです。

髪型のトップ、サイド、あごラインを結ぶ外側シルエットがひし形、またはおでこ、サイドの輪郭、あごラインを結ぶ、本来のフェイスラインではなく肌が見える範囲が卵型になること、その両方を意識することがポイントになります。

基本的にトップが高く、サイドに動きとボリュームをだすヘアースタイルです。

丸顔や面長、卵型、四角型、ベース型、逆算角形など、いろいろな形があります。どんな顔の形であっても、髪と顔の組み合わせが「ひし形」になるのが、理想のバランスと言われ、小顔への近道となります。

顔の形によって異なる弱点をカバーしながら、「ひし形」のバランスになるようにすれば、それが顔の形に似合うヘアースタイルとなります。

顔の形は大きく4つのタイプ

顔の形は大きく4つのタイプにわかれ、「丸型」「面長型」「ベース型」「逆三角形型」に分類されます。
まずは、ご自身の顔型をチェックしてください。

丸型の特徴

・あごのラインが丸い。
・顔の縦幅と横幅が同じくらい。
・柔らかく優しい印象を持たれる反面幼く見られることもある。

前髪は斜めに流すように仕上げると、視覚効果によって顔がシャープに小顔に見えます。
ぱっつん前髪や重めのフルバングスは顔の横のラインを強調してしまうのでより丸さが目立ち、幼い印象になるのであまりおすすめできません。

面長型の特徴

・フェイスラインに丸みが少なくほっそりした印象。
・顔の横幅に対して縦幅が長め。
・落ち着いた雰囲気、大人っぽく見られることがある。

縦長ラインのシルエットだと、面長を強調するので、縦を分断するように前髪やレイヤーをつくると小顔効果があります。

ベース型の特徴

・えらが張っていて、顔が大きく見えやすい。
・フェイスラインが直線的
・男性っぽいイメージを与えやすい一方で知的な印象も与える。

角張ったエラのラインを隠すような、動きのあるヘアースタイルでフェイスラインに髪がかかるものがおすすめです。

逆三角形型の特徴

・アゴ先がシャープ。
・縦に長いが面長よりハチが張って頭が大きく見える。
・知的でスマートな印象だがキツそうに見られることがある。

アゴのラインにボリュームを持たせたヘアースタイルで、やわらかさをプラスするとバランスが良くなります。

顔型別・ヘアースタイルで小顔効果

丸型

縦長シルエットを意識して小顔

髪が横に広がるようなシルエットを避け、縦長シルエットを意識したヘアースタイルがおすすめ。
トップにボリュームを持たせ、サイドの長さをアゴよりも下にするとスッキリした印象になります。

ボブの場合は、前髪はサイドに流した方が縦長効果で小顔に見えます。頬が気になる場合は、サイドを少し頬にかけるようなヘアースタイルにしたり、レイヤーを多めにいれて軽さを出すのも良いです。

パッツン前髪やセンター分けは横幅が強調されてしまうので丸顔が目立ってしまいます。

面長

面長が強調されないように、髪の毛でサイドにボリュームを出したヘアースタイルがおすすめです。
サイドはふんわりとボリュームを持たせて、顔まわりに丸さをプラスすることが大切です。

前髪を作って小顔

顔の長さを分断させ小顔に見せるため前髪は長めにしましょう。
前髪は真ん中わけにはせず、若い印象にしたい場合はおろして、落ち着いた印象にしたい場合はサイドに流すと良いでしょう。

額を出さないで、縦の長さを抑えられる長めの前髪は小顔効果もあり、マストです。
トップをすっきりさせすぎると、面長が強調されますので注意が必要です。

ベース型

四角い顔やエラの張っている顔の人は、額が広めな傾向があり、顔の縦横の比率が横幅が長めで平坦顔に見えてしまう事があります。

サイドを隠して小顔

ふんわりショートボブか、ロングでトップをコンパクトにして毛先はふんわり動きを出してエラを隠すようなヘアースタイルがおすすめです。

スタイルに奥行き感をプラス

トップにボリュームを持たせ、フェイスラインを囲むようなヘアースタイルがおすすめです。
前髪は幅を狭くするか、横わけでおでこを少し出して、ひし形シルエットを意識することが重要です。

逆三角形

もともとスマートな印象を与えるこの顔型の場合には、頬から下の髪にゆるさを出すことで、尖ったあごや、出っ張ったハチを目立たなくする効果が期待できるようです。
分け目はセンターではなく、左右どちらかで分けるほうがいいでしょう。

顔周りにボリュームを出して小顔

ショートは長めの前髪を斜めに流し、襟足は長めにしましょう。ボリュームのないショートヘアースタイルはぺったりしてしまうので避けてください。

アゴがほっそりクールな印象なので、やさしいイメージにしたいならフェイスラインにボリュームのあるヘアースタイルやパーマがおすすめです。

トップに高さを出すヘアスタイルだと、視覚効果によってあごが目立ってしまうこともあるので、ボリュームは耳から下の部分に持ってくると小顔効果が高まるでしょう。

前髪はセンターで分けると三角形のシルエットができるので、逆三角形の輪郭の人の小顔度がぐんとアップします。

どうすれば小顔に見えるの?

小顔に見えるヘアアレンジ

ヘアアレンジで、目の錯覚を利用しましょう。目線をそらしたり視覚効果を利用すれば小顔に見せることができます。顔が小さくならなくても小顔に見えるなんて嬉しいですよね。

タイトな髪型は輪郭が際立ちます

きっちりとしたヘアースタイルやまとめ髪は、エラや顎、おでこなど、顔のパーツが気になる、という方も多いです。
サイドの髪を少し残して、顔のラインを自然に隠してみましょう。

ふんわりラフが正解

ラフ・こなれ・抜け感のあるヘアアレンジがおすすめです。ビシッとしていたりペシャンとしているヘアースタイルでは、顔の大きさが目立ってしまいます。
ふんわりラフなヘアスタイルが小顔への近道です。
ふんわりラフを意識しながら、視覚効果を狙っていきましょう!

トップをふんわり

トップに高さを出すと目線がそれるので小顔効果が期待できます。
全体的なシルエットが縦長になるので、面長の方の場合は、毛先にもボリュームをだすようにすると尚良いでしょう。

サイドの髪で輪郭カバー

サイドの髪を少し残して、顔のラインを自然に隠してみましょう。
コテでカールをつけると軽く見え、さらにサイドで髪をまとめることでエラも目立たなくなり小顔効果がえられます。

後頭部にふくらみを

後頭部にふくらみがあると目の錯覚で横顔が小さく見え、結果的に小顔効果が得られます。前からの見た目だけじゃなく、横からの見た目も意識してみましょう。

視線をずらす

顔周りの髪で顔の輪郭をカバーしましょう。輪郭にコンプレックスがある人はぜひこの作戦で。後れ毛は色っぽいのでモテ力もアップします。
スカーフやリボンを使って視線をずらすと小顔に見えます。

ヘアースタイルを変えるだけで小顔効果!挑戦しなきゃ損

髪型を小顔に見せる髪型にすることで、難しいメイクテクニックや、毎日のマッサージの必要もなく小顔に見せることができます。
是非、挑戦してみてください。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ