冬だって可愛く!トーン別【ピンクヘアー】で“個性派ガール”に♡

冬もガーリー派は《ピンクヘアー》で可愛く♡

ニットやマフラー、コート……冬服が楽しい季節の始まりです!それに合わせてヘアーチェンジもしたいですよね。可愛いもの大好きなガーリー派は《ピンクヘアー》にトライ♪

この冬挑戦したいこのカラーを、おすすめのトーン別にご紹介します♡

“淡いピンク”でドーリーな雰囲気を目指そう♡

フリルやリボンなど女の子らしいファッションが好きな方は、“淡いピンク”にカラーリングするべし!さりげなくピンクを仕込ませることで、ふんわりとした雰囲気になりますよ♡

ミディアムからロングスタイルを32ミリのコテでゆる~く巻くことで、女の子らしさ全開♪

淡いピンクはブリーチ必須のカラーですが、トーンが明るくなることで透明感が出ます。ラベンダーカラーを合わせると、よりドーリーな印象になりますよ♪

そこまで主張が強くない淡いピンクは、白や黒はもちろん、ラベンダーやピンクの洋服ともマッチするオシャレヘアカラーです♡

大人可愛くなりたいなら“深みピンク”がおすすめ♡

ヴィンデージファッションなど落ち着いた雰囲気が好きな方は“深みピンク”のヘアカラーがぴったり!ダークトーンなので、シックにキマります。

このカラーは、濡れ感ヘアーなどのヘアアレンジとの相性が抜群♪お気に入りのヘアアクセと様々なスタイルが楽しめますね♡

赤みをプラスすることで、かっこよさを演出してくれる深みピンク。はっきりとピンクさを出すわけじゃないので、髪色が明るくない方も挑戦しやすいです!

ピンクで統一したファッションとも、上品な服装とも合う深みピンクで、こなれた印象に♡

目立ちたいなら、派手カワな“ザ・ピンク”にしよう♡

個性的なスタイルでみんなの目を惹きたいなら“ザ・ピンク”にチャレンジ!街でなかなか見かけないこのカラーは注目されること間違いなしです♪

インパクト大なので、手芸屋さんの可愛いリボンと合わせる程度のシンプルなアレンジがおすすめ。なにもせず下ろすだけでもキュート♡

ブリーチを重ねる必要があり、ケアも欠かせませんが、退色を楽しめるのがこのカラーの醍醐味!濃く入れることで、淡いピンクを楽しむことも出来るんです。

派手カワスタイルでポップに冬を楽しみたい方はこのザ・ピンクにしましょう♡

自分に合ったトーンの《ピンクヘアー》でより可愛く♡

お気に入りの《ピンクカラー》は見つかりましたか?なかなか挑戦しづらいですが、自分に合ったトーンを見つければ可愛くなれます!

色味によって印象が大きく変わるピンク。上手く使って、冬もガーリースタイルに磨きをかけてましょう♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ