知らないうちに頭皮から臭い?【匂い防止ヘアケア】で今すぐ対策を♡

あなたの頭皮は大丈夫?

体臭だったり頭皮の臭いって、自分は常に嗅いでいる臭いなので案外自分では気づかないもの。あなたの頭皮は臭っていないか、今すぐチェックしてみて!

そして今回はいつでもいい香りの女性でいるために、《臭い防止ヘアケア方法》をご紹介します♡

そもそも臭いの原因って?

しっかりと洗えていないことや、乾ききっていないことが原因!

もちろん臭いの原因は人それぞれですが、最も考えられるのは頭皮をしっかりと洗えてないことや、乾かせていないこと。

コンディショナーなどの洗い残しや頭が濡れたままにしておくと、頭皮がしっかりと乾かないため、臭いの原因に……。

しっかりとしたヘアケア対策をしていないと、毎日お風呂に入っていても不快な臭いが発生しているかもしれませんよ!

正しい洗い方で臭いの原因をやっつけよう♡

4ステップを守って、汚れをしっかり洗い流して♪

毎日髪の毛は洗っていても、正しい洗い方でなければ汚れは落ちません!

そこで今回は、正しい洗い方をご紹介します♡

STEP 1 ブラッシング

まずはシャンプーをした時にしっかりと全ての毛に泡が行き届くよう、できるだけ髪は櫛でとかして絡まりを取りましょう。

STEP 2 湯洗い

実は少し丁寧に湯洗いするだけで、髪の毛の汚れや油分は十分落ちるそう。

またシャンプーをしっかりと泡立たせるためには、全ての髪を濡らすことが大事。1分程度かけて、髪の毛を湯洗いしましょう。

STEP 3 シャンプー

まずシャンプーを手に取ったら、洗顔をする時のように手の平で泡立たせます。

そして泡だった泡を満遍なく頭の上に広げ、指の腹で毛穴の汚れを「押し出すように」下から上へと洗い上げましょう。頭頂部や生え際なども忘れずに!

STEP 4 洗い流し

臭いの原因となりやすいのが、洗い残し。

トリートメントなどは髪に残りやすいため、襟足などに気をつけて、しっかりと全ての髪と髪の間を洗い流すようにしましょう。

自然乾燥は臭いのもと!

ドライヤーでしっかり乾かそう♡

自然乾燥の方が熱による髪の傷みを防ぐことができるという印象が強いですが、実際には菌が増殖して臭いを発生させてしまう危険性も!

そこで髪を乾かす際はしっかりと傷みのケアもしながら、ドライヤーで乾かすことが大切になります♡

STEP 1 タオルドライ

お風呂から出たらドライヤーで乾かす時間を短縮させるためにも、十分にタオルドライをすることが大切♡

しかしゴシゴシと拭くのではなく、ギュッギュッと押さえ込むようにして水分を吸収しましょう。

STEP 2 トリートメント

いくら自然乾燥よりかはドライヤーがいいとはいえ、やはり熱によって髪は傷んでしまいます。

ブラッシングをするなどして、洗い流さないトリートメントやオイルを全ての髪に行き届くよう、なじませましょう。

STEP 3 ドライヤー

まずは髪全体をすばやく乾かすべく、頭から10cm程度離れた場所からドライヤーを当て、根本を手でなじませながら乾かします。

その後は頭頂部から毛先に流れるように温風をあて、キューティクルの流れにそって乾かします。一点に集中しないよう気をつけるのがポイント♡

最後は香りの良いオイルでモテ髪GET♡

正しい洗い方と正しい乾かし方をしっかりと行えば、臭いの原因をある程度は防ぐことができます。

そしてさらに良い香りのオイルでアフターケアを行えば、不快な臭いとは無縁ですよ♡

甘いバニラの香りがモテそう♡「モロッカンオイル」

定番オイルで美容院などでも非常にたくさん使われている「モロッカンオイル」♡

万人ウケする甘いバニラの香りもしっかりと続き、美髪もキープできちゃう優れものです!

モロッカンオイル モロッカンオイルトリートメント

¥3,990(税込)

購入はこちら

上品な香りがミストに♡「サムライウーマンのオイルミスト」

香水も出ていて上品な香りが人気の「サムライウーマン」から、なんと「ヘアオイルミスト」が出ているのです♡

ミストタイプなのでべたつきにくく使いやすいですし、何と言ってもあの香水の香りを髪にも使えちゃうなんて贅沢ですよね!

サムライウーマン ヘアオイルミスト 100mL

¥1,296(税込)

購入はこちら

香りを制する者は出会いを制す!

男女関係だけでなく仕事や普段の生活でも、香りは相手に不快な思いをさせることもあれば、好意を抱かせることもできる、人間関係においてとても重要な要素♡

だからこそ香水だけで対策するのではなく、根本から臭いの原因を防ぎ、細部までイイ香りいこだわる女性でありたいですよね♡

今日から髪の臭いケアをして、モテ髪をGETしちゃいましょう!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ