お洒落がもっと楽しくなっちゃう!帽子に似合ゆるふわヘアアレンジ♡

シーズンを問わず使える帽子は、コーデに欠かせないアイテムです♡しかし悩みの種になるのは、帽子に合わせるヘアアレンジです。せっかくセットしたのに崩れてしまったり、アップスタイルでは被れなかったり。可愛いヘアアレンジで帽子のお洒落を楽しめるヒントを教えちゃいます♪

帽子で簡単ヘアアレンジを楽しむ

ニット帽やハット、キャップなど普段のコーデの中で帽子を取り入れることは多いですよね。せっかく可愛い帽子をかぶるのですから、ヘアアレンジもこだわってお洒落にしたいものです。そこで、今すぐやってみたくなるゆるふわで可愛いヘアアレンジを教えちゃいます。帽子の準備はいいですか?

帽子×ミディアム・ロングでヘアアレンジ

低い位置でルーズにまとめたお団子のヘアアレンジと帽子の組み合わせは、カッコいいオトナの女性にぴったりです。

後れ毛を残しながら下の位置でゆるくお団子にしたヘアアレンジです。帽子からでる後れ毛が女性らしさと抜け感をプラスしてくれます。

サイドポニーテールはきちんとした上品な印象と、無造作でこなれた印象の2つを出せるヘアアレンジです。シンプルな髪型なので、帽子は派手なものでもいいですよね。

女優帽には、下でまとめたお団子が相性バッチリです。前髪を7:3で分けてお団子を作っておけば、帽子を取っても女優さんのようです。

後ろで一本の三つ編みのヘアアレンジにすれば知的な印象になれるのはベレー帽ならでは。帽子のすぐ下に大きなリボンをつけると更に可愛くなっちゃいますね。

髪の毛はダウンスタイルで巻き髪のヘアアレンジに。前髪には手を加えて三つ編みにすれば、簡単で可愛らしい帽子スタイルの完成です。

大人になると抵抗のあるツインテールですが、このようにふわっとくしゅっとさせて帽子を被ればオトナ可愛いヘアアレンジになります。

一本でゆるめに作った三つ編みを、後ろでくるっとまとめてお団子にしたヘアアレンジです。帽子から出るふわっとしたお団子はとってもキュートです。

帽子×ボブ・ショートのヘアアレンジ

ストレートボブの方には女優帽がよく似合います。決め過ぎず、あえてラフなスタイルに取り入れるとオシャレな帽子ヘアアレンジになります。

パーマのかかったボブスタイルとハットの相性も素敵です。パーマで毛先に動きがあるので、麦藁帽子やキャップをかぶっても女性らしい印象になりますね。

両サイドで三つ編みをくしゅっとまとめたヘアアレンジです。大きなコットンパールのピアスとグレーの帽子の組み合わせが最高に可愛いですよね。

ショートの方は、前髪を残した帽子のかぶり方がヘアスタイルも崩さず可愛いヘアスタイルになりますね。

ニットはショートヘアと相性がピッタリです。前髪は残してかぶるとオシャレになりますね。春夏向けのレースのニット帽などもあるので、年中楽しめますね。

帽子と三つ編みヘアアレンジ

三つ編みの一本が細い三つ編みになっている凝ったヘアアレンジです。かちっとしがちなハットもルーズなヘアでカジュアルダウンさせられます。

ダウンスタイルに、何本かの細い三つ編みを入れた可愛らしいヘアアレンジです。そこに帽子を合わせればボヘミアンな雰囲気になりますね。

ゆるゆるの三つ編みの可愛いヘアアレンジも、キャップでボーイッシュな印象に。帽子は浅めにツバの裏が見えるくらいがお洒落なポイントです。

片側に一本だけの三つ編みヘアアレンジも可愛いですよね。二本より大人っぽい印象になるので、帽子ヘアにも取り入れやすいかと思います。

ゆるく編んだ三つ編みを、毛束を引出し崩した簡単ヘアアレンジです。三つ編みは帽子との相性が良く、誰でも可愛くなれちゃいます。

帽子をとっても可愛いヘアアレンジ

飾りピンをサイドにつけておくと、帽子をとってもオシャレな印象はそのまま残ります。帽子をかぶる時は、最初からボリュームを抑えたヘアスタイルにしておくと、帽子をとっても違和感がありません。

帽子で潰れてしまいがちな前髪は最初から三つ編みにしてサイドに流しておけば、帽子をとってもきになりませんね。

ショートヘアの方でも、サイドのボリュームを抑えたヘアスタイルにしておけば、帽子でヘアスタイルが崩れる心配がなくなります。

深めに帽子をかぶりたい場合は、下の位置でまとめます。サイドの潰れやすい前髪とサイドはねじって留めておくと、帽子をとっても崩れません。

カチューシャなどを使っておくと、帽子をとっても気になりませんね。すぐにやり直せるカチューシャは帽子とセットのおススメアイテムです。

ロングの方は、前髪をねじり、ポニーテールをゆるく作っておくと、抜け感のあるヘアスタイルになるので、帽子を取っても印象が変わらず素敵をキープできます。

帽子に合ったヘアアレンジ まとめ

被る帽子によって似合うヘアアレンジも変わってきます。その日のコーデをどんな雰囲気にしたいのか、そのイメージに合わせてあげることで全体のバランスをまとめてくれますよ。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ