白髪をどっちで染める?ヘアカラーとヘナの違いを知ってますか

白髪がちらほらと目立ち始めると、憂鬱な気持ちになります。どうして白髪が生えてくるのかしら?とイライラしながら、美容院に行こうか、自分で染めようか迷ってしまいます。染毛剤にはヘアカラーとヘナがあるけれど、どう違うのでしょう?あなたはヘアカラー派?それともヘナ派?

ヘアカラー?ヘナ?どうしたらいいの?

白髪に気付いたその時に、少しでも髪を傷めずに綺麗になりたいと思ったその時に、ふと悩む。ヘアカラーってどうなの?ヘナってどうなの?

あー、本当、白髪マジで困る。あああああああ。

Thu May 19 12:26:48 +0000 2016

@moon_weather チーン(´д`|||)もう白髪増えるの本当に困る(´;ω;`)どんどん老ける(。>д<)

Wed May 18 01:38:13 +0000 2016

本当に困りますよね。白髪って。ヘアカラーやヘナで髪を染めるのって時間もかかるし大変です。どうして、白髪って生えてきてしまうのでしょうか?

食物に含まれるチロシンという物質がチロシナーゼ(銅イオンを含む分子)によって変化し、 メラニンが作られます。

出典:http://shiraga.hajime123.net

メラニン色素を作るときに必要な酵素・チロシナーゼが少なくなることで、白髪が増えるらしいのです。

【プラセンタエキス】は、豚の胎盤から抽出したエキスで、アミノ酸やミネラル、たんぱく質、脂質など豊富な栄養素を含み、ターンオーバーを活性化させ、メラニン排出を促進します。また、チロシナーゼ抑制効果がありメラニン生成を防ぎます。

Fri May 20 02:08:41 +0000 2016

白髪ができる原因には様々なことが挙げられますが、
なかでも栄養不足が大きな理由として考えられます。

出典:http://www.texasfirelighttheater.com

白髪をなくす手助けをしてくれるのは、ミネラルです。
例えば、タンパク質やビタミンC、ビタミンEやコラーゲン、銅や亜鉛です。

私には白髪がない。毎日栄養バランスよく食べてるから。白髪の年齢になったら、ロマンスグレーの素敵なお婆様になろう。晩年楽しみに今を生きてる。 https://t.co/NiA4tF2hLM

記事番号:82115/アイテムID:2609059のツイッターの投稿画像

Tue May 17 22:05:03 +0000 2016

メラノサイトを、若々しく、元気にするためにも、栄養たっぷりの野菜や、ミネラルの多い海藻類、良質なたんぱく質が摂れる豆類など、体の事を考えた食事をする事が大切です。白髪の改善は、食事の改善から始まるのです。

Thu May 19 12:08:06 +0000 2016

ストレスや生活習慣の乱れも、白髪の原因になるそうです。気をつけましょう。

@loveit_rabbit ストレスとかですぐ白髪になる。口内炎とか、。頭髪ひっくり返したら白髪だらけでショック(笑)

Thu May 19 12:36:27 +0000 2016

ヘアカラーってどんなもの?

ヘアカラーリング剤には「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「ヘアカラートリートメント」というものがあります。白髪を染めるのには、どれを選んだらいいのでしょう?

ヘアカラーは、脱色して髪の内部に色を入れるというものです。永久染毛剤とも呼ばれ、しっかりと染まり色持ちも良いです。

ヘアカラーには、「白髪染めヘアカラー」と「おしゃれ染めヘアカラー」があります。2つのヘアカラーは、色の作り方や毛髪から色を抜く「ブリーチ力」と毛髪を染める「染毛力」のバランスに違いがあります。

おしゃれ染めヘアカラー では白髪を染めることは難しいです。白髪染めヘアカラーは白髪だけでなく黒髪の部分も染めることができます。

ヘアマニキュアはヘアカラーと違い、髪の表面をコーティングします。少しずつ染まり、シャンプーで少しずつ色が落ちます。

ヘアカラートリートメントは、髪を脱色しないで毛髪の内部に色を浸透させます。普通のトリートメント剤のように使う事ができます。1回で綺麗に毛髪を染めるものではなく、徐々に染めていきます。

ヘアカラートリートメントは髪に艶が出て、髪を傷めずに染めることができます。また、ヘアカラートリートメントはアロマの香りのものが多いので、使用している間もいい香りなのがうれしいですね。

ヘナってどんなもの?

ヘナで白髪を染めるとムラがなく染める事ができます。「ヘナ」というのは植物で天然由来なので髪にとてもやさしいのです。

ヘナは、インド、ネパールなどの西南アジアから北アフリカで自生をしています。ヘナの葉には殺菌効果があります。ヘナの葉から作られる軟膏は漢方薬として使われていました。

ヘナにはダメージした髪に保水力を与えツヤが出してくれる上、紫外線から髪を守り、しなやかにしてくれるというトリートメント効果があります。

ヘナのデメリットは白髪を黒く染めてはくれないという事です。だから、黒髪にしたい人にはヘナは向かないという事になります。

何故、ヘナでは黒く染まらないのでしょう?ヘナの葉に含まれる赤褐色の植物色素「ローソン」が、毛髪のケラチンに絡みついて白髪がオレンジ色になるからです。

初めてヘナをした時、シャンプーの後に髪を乾かすと、乾燥やきしみを感じる事があります。これは、髪の傷みがひどい人ほど感じるようです。

ヘナによるきしみ感や乾燥は、ヘアオイルなどをつける事で改善されます。また、繰り返しヘナをすることにより、きしみ感や乾燥もなくなってきます。

ヘナは天然原料の製品を選びましょう。上質なヘナはペルシャやインド産がのものですが、加工の方法によっても違ってくるので、なるべく多くの情報を集めて信頼のできる天然ヘナ100%の製品を購入してください。

ヘアカラーやヘナをする時は

自分でヘアカラーやヘナで染める時に失敗しないコツは、全体を染め直す事です。ヘアカラーやヘナでカラーリングをした髪は色落ちをしているので、境目がつきやすいのです。

ヘアカラー剤は熱に反応して塗った所からどんどん染まってしまうので、室内の温度は下げておきましょう。

また、ヘアカラーをする前は、リンスインシャンプーやコーティング剤が入っているものは使わずに、シャンプー後もリンスやコンディショナーは使わないようにします。髪の毛は水分が残らないようにきれいに乾かすようにしましょう。

せっかくヘアカラーをしても、すぐに色が落ちてしまってはがっかりです。カラーリングを長持ちさせるには、酸性か弱酸性シャンプーをよく泡立てて、ゴシゴシ洗わないようにすることです。すすぐ時も、ぬるめのお湯で流します。洗髪後はタオルドライをして、ドライヤーで手早く乾かします。乾かし過ぎると色が落ちたり、髪が乾燥して傷んでしまうので気をつけましょう。

ヘアカラーとヘナについてのまとめ

100%天然原料のヘナであっても、植物アレルギーの様に「ヘナアレルギー」が発症することがあります。白髪染ヘアカラーには、髪を染めやすくするジアミンという成分が多く入っている事が原因でアレルギーを起こす事もあります。

ヘアカラーやヘナで髪を染める時には、体調が良い時を選びましょう。製品はきちんと成分を見て購入し、必ずパッチテストをするようにしてください。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ