これでわざわざ美容室にいかなくても大丈夫!簡単前髪の切り方講座♡

後ろ髪と違って、前髪って伸びてくるとすぐに気になりますよね。切り方もわからないし、その都度美容室で前髪だけ切ってもらってるなんて方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?今回はそんな人のために誰にでもできちゃう前髪の切り方をご紹介いたします♡

すぐ伸びる!厄介な前髪

オシャレでかわいい前髪も、のびてくると目に入ったりしてしまい良くないですよね。
「この間美容室に行ってまだそんなに経っていないのにもうこんなに前髪伸びてる!」と驚かされる事が多いような気がします。
前髪が伸びてきたなと感じたとき、あなたはどうしていますか?

美容室派?それともセルフカット派?

気がつけばあっという間に伸びている髪の毛…

女性は男性と比べて髪が伸びやすいなんて聞きますよね。
お金も掛かるし、予約や美容室に行くのはちょっとめんどう!
でも、自分で切って失敗するくらいなら…と今までわざわざ美容室でカットしてもらっていた。そんな方に朗報です!

自宅でだって、前髪は切れる!

難しい技術は必要ありません!自宅で今すぐ伸びてきた邪魔な前髪が切れるんです♡

でも、髪を切るなら色々と道具が必要なんじゃないの?と悩む必要はありません。

確かに美容師さんって、ハサミや髪をとめるクリップや櫛をたくさん持っているイメージがありますよね。
切り方に合わせて使うものも変わってくるので、同じようにみえるハサミやクシでも色々な種類を揃えておく必要があるんです。
ですがご安心を!今回行うのは前髪のみのカットなので、必要なものも最低限で済みます

前髪カットに必要なアイテムとは?

当たり前ですが、前髪を切るためにはまずハサミが必要不可欠です。
剃刀で切る事もできなくはないですが、ザクザクした大雑把な切り方しかできない上に髪が痛んで枝毛の原因になってしまうのでおすすめしません。
それになんといっても、今は百円均一でも散髪用のハサミが購入できちゃうんです!

一見普通のハサミっぽいですが、散髪用のハサミは刃の先端部分が細くなっているので髪が切りやすい!

ご自宅にあるハサミでも前髪程度であればカットできますが、錆や刃こぼれ等で切りにくくなっている可能性もあります。
ハサミのせいで前髪がガタガタになるのは嫌ですよね。せっかくなので新しく購入してみるのもいいかもしれません。
デザインは本職の美容師さんが使っているものに劣りますが、切れ味は抜群です。剃刀や一般的なハサミでは難しい繊細な切り方もできるんです!スキハサミとセットで買っておくと便利ですよ♡

その次に欠かせないのが、櫛(コーム)

目が細かいものより、すこし粗いものの方がおすすめです♪

コームなしで前髪をカットされる方もいますが、とりあえず最初のうちはあった方がいいです!
バランスを見ながら切れるので、切り過ぎ事故防止にもつながります♡

そしてブロッキング用のダッカール

朝の洗顔や、夜のメイク落としの際に使っている方も多いダッカール。

前髪以外の髪を誤って切ってしまわないために使用します。

きちんと切れているか確認するためになくてはならない重要アイテム!

鏡がないと、今自分がどんな切り方をしているのか確認できませんよね。勘で切って大失敗!なんて事にならないために、鏡は用意しておきましょう。
手に持つタイプのものや、小さすぎる鏡はミスの元?!
折りたたみ式などの机に置いて使えるちょっと大きめの鏡がおすすめです♡

これでだいたい必要な物は出揃いました。あとは切った髪が散らからないように新聞紙等を敷くと掃除の手間が省けます♡

必要なものが揃ったら、あとはもう切り方を覚えるだけでOK♡

前置きが長くなりましたが、次に前髪の切り方についてお教えします♪

超簡単!前髪の切り方♡

長過ぎる前髪は、肌荒れの原因にもなります。目にかからないくらいまでの長さが理想的でしょう。

まず、用意しておいたダッカールで切りたい部分とそうでない部分を分けます。

前髪の厚さやバランスに注意しつつ、目尻のやや手前あたりを目印にして切りたい部分をセット!

セットできたら、前髪をクシでとかしましょう!なるべく丁寧に梳かしておくことで綺麗な仕上がりに♡

前髪をカットする時、ハサミを横向きにいれてしまうのは失敗の元です!
切り方の重要なポイントのひとつとして、かならずハサミは縦向きに!

一度にたくさんの前髪を切ろうとするのではなく、鏡で自分の髪の切り方とヘアを確認しながら毛を一本ずつ切っていくような気持ちでなるべく丁寧に切りましょう♡
時折前髪を梳かしなおしてあげて、その際にコームと鏡を使ってはみ出した毛などがないかチェック!

前髪が切り終わったら、サイド部分をとめていたダッカールをとりましょう。

さきほど切った前髪の端っこからサイドへ斜めにハサミいれます。

この部分の切り方のポイントとしては、前髪からサイドへ、ハサミを徐々にすべらせていくようにイメージしながら切ると楽ですよ♡

完成かな?と思ったらブラッシング!それから鏡でバランスを確認しましょう!

髪全体をとかして、最後に、前髪とサイドとのバランスを見る!鏡で正面と横からの角度をチェックしておきましょう!どの角度からも自然な仕上がりになっていたら大成功!

完成

前髪がすっきりすると、全体の雰囲気が柔らかくなります♡

以上が、基本的な前髪の切り方です。
毛先をもっと軽くしたい場合の切り方は、勇気を出してハサミの根元まで使いざっくりと切る!
逆に、重くしたい時の切り方は、刃先の部分だけを使う!です。
たったそれだけで、前髪の雰囲気がガラリと変わりますよ♡

失敗じゃない?!前髪の切り方次第で流行りのオン眉も♡

慣れない作業で慎重になりすぎて失敗…なんて事もありますよね。

大胆になりすぎるのも、慎重になりすぎも、どちらも失敗の元!
万が一カットに失敗して切り過ぎちゃっても大丈夫!落ち込まないで!

切り過ぎた前髪…でもこれって、流行りのオン眉毛にするチャンスかも?

流行りのスタイルといっても、眉上までばっさりと短く切り揃えた前髪にするのっておでこも出るし、ちょっと勇気がいりますよね。
でも、失敗を嘆くくらいなら新しい前髪にトライしてみませんか?

その失敗からだって、貴方にぴったりの前髪が見つかるかも?

切り過ぎ以外にも、バランスがおかしい!等、もしカットに失敗したって大丈夫!焦らずお落ち着いて!ほんの少し手直しするだけでオシャレな前髪に変身してくれるはずです♡

セルフカットをする上で一番恐ろしい事はやっぱり『失敗』ですが、落ち着いてやれば取り返しのつかない事態は回避できるはず!
とにかく焦らず、ゆっくりやりましょう♡
失敗したっていいんです。失敗は成功への第一歩!もしかしたらその失敗が次のトレンドになるかも!

前髪の種類は様々!切り方を変えて気分に合わせて前髪チェンジ♡

癖っ毛などで前髪が作り辛い方にも切り方の工夫しだいでこんなオシャレな前髪が作れちゃうかも♡

ちょっと切り方を変えるだけで、シースルーや流し、斜め前髪にだって自宅で簡単にできちゃうんです。
基本に慣れてきたら思い切ってチャレンジするのもいいかもしれませんね♡

ロングにもショートにも合う上品な流しだって自分でカットできちゃう♡

すぐに伸びてくれる前髪だからこそ色々なスタイルに挑戦しやすいという利点もあるのではないでしょうか?その日の気分に合わせて髪を切るなんて、なんだかとってもオシャレなかんじがしますね♡

セルフカットは怖くない!

いかがでしたか?
ポイントさえ押さえればセルフカットは怖くないんです!
何度もトライし前髪の切り方をマスターして、誰よりも早くトレンドヘアーをGETしちゃおう♡

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ